image photo

おすすめ間取りのご紹介

Point1

“広さ”は快適につながり、
心のゆとりにもつながる。

住宅購入の動機として多い「今よりも広い住まいにしたい」という願望。 ライフスタイルの変化やリモートワークなど働き方の変化に伴い、より広い空間が必要になってくることを考えれば、 「プラス1部屋の余裕がある4LDK」や「80㎡超え」のマンションは大変魅力的なプランといえるでしょう。

Point2

寝室以外に
“多目的に使えるお部屋”が
ある暮らし。

例えば、趣味に没頭できる「ホビールーム」や、映画鑑賞に特化させた「シアタールーム」、 その他「書斎」など、プラス1部屋の余裕があれば、 専用の居室を創ることが可能です。荷物の多い方の場合は「収納部屋」としても活用できます。

Point3

家族構成の変化にも
柔軟に対応できる。

お子さまの誕生や家族構成の変化にもプラス1部屋の余裕があれば柔軟に対応できます。 お子様の成長に伴い二人で1部屋から、やがては一人ひとりの個室を用意したい場合も、部屋数の多さがお役に立ちます。

Point4

ライフスタイルの変化に
合わせて
対応できる。

お子様が巣立ったあと、ご夫婦でゆったり快適に過ごしたいなどライフスタイルの変化にも、 80㎡超えのマンションなら幅広く対応できます。 お部屋の間仕切りを取り払って、リビングを広いひとつの空間として利用したり、 ご両親やお子様夫婦が泊まりにきても快適に過ごせる「ゲストルーム」を設けることも可能です。

4LDK

  • ATYPE 4LDK+2WIC
  • LrTYPE 4LDK+3WIC

3LDK

  • GgTYPE 4LDK+3WIC
  • GTYPE 3LDK+N+2WIC+SIC

A上質な玄関スペース

戸建て感覚の広々ポーチ。角住戸のため、目の前を他の入居者が通ることがなく、プライバシーが守られます。

B ウォークインクローゼット・
大型布団収納

洋室(1)〜(3)には、ウォークインクローゼットを設置。廊下には布団収納を採用。 来客対応にも対応し易いのはゲストルームを用意できる4LDKならでは。

Cオープンキッチン

家事が楽になる食洗器付システムキッチン。 ダイニングの家族と会話しやすい静音シンクの対面キッチン。

G空に近い暮らしを楽しめる
ルーフバルコニー

開放的なプライベート空間。光と風を感じながらくつろげる場に。 ベランピングやバルコニストにも。

D広々使える
リビング・ダイニング

家具の配置もしやすい縦長リビングを採用。 洋室(4)とつなげれば約16.8畳の大空間。室内がスッキリするアウトフレーム工法や開放感を高める逆梁工法ハイサッシを採用。

E90㎡超ならではの
ゆとり

洋室(1)はゆとりの約7.4畳。寝室+アルファとしての利用が可能。

F爽快なビューバス

換気もしやすく、明るく開放的に。角住戸でしか味わえないバスタイム。

G空に近い暮らしを楽しめる
ルーフバルコニー

開放的なプライベート空間。光と風を感じながらくつろげる場に。 ベランピングやバルコニストにも。

朝日の差し込む
角住戸

プライバシー性に配慮した開放的な三面開口。朝日の差し込むリビングダイニング。

※掲載のモデルルーム写真は2020年10月に撮影したものです。家具・照明・調度品・備品等は販売価格に含まれておりません。 ※敷地周辺の電柱・標識・架線・ガードレール等は再現しておりません。 ※タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。 ※写真には各種オプションが含まれております。なお、各種オプションのお申し込みには期限がございます。詳しくは係員までお問い合わせください。 ※掲載のルーフバルコニー完成予想CGは計画段階の図面を基に描いたものに、現地7階相当の高さから撮影した眺望写真(2019年6月撮影)を合成加工したもので実際とは異なります。 形状の細部および設備機器等については省略しております。また、家具、植栽、造作家具、調度品等は販売価格には含まれておりません。 これらをルーフバルコニーに設置する際は風により飛ばされないよう十分注意し、お客様の責任において使用・管理する運びとなります。 ルーフバルコニーに設置出来る植栽や床材には制限があります。利用にあたっては管理規約等の定めに従う必要があります。